並んでも食べたいものがそこにある美味しい現実

普段とっても忙しい生活をしているので、買い物は週に一回週末にまとめてしています。
そうして、一週間分の常備菜をつくったり、冷凍できるものを冷凍したり、小分けにするべきものを小分けにしたり、いろいろ買い物の後処理も忙しくしているのです。
ですから、私の理想としては、出来るだけ買うものを決めて、出来るだけムダなく短時間で買い物を済ませて、さっさと帰宅したいと思っているのです。
でも、買い物にいくスーパーの近くに、とってもアップルパイの美味しいお店があって、そこはよく行列が出来ているのです。
そこで並んでアップルパイを買うと、1時間近く時間をロスしてしまいますが、それでも週に一度の自分へのご褒美として、何だかんだ言って、毎週並んでアップルパイを買っているのです。
行列が出来るということは、私と同じ様に時間を少しロスしたとしても、このアップルパイで美味しい週末を過ごしたいと思っている人がこんなにもいるということです。
行列に並ぶ老若男女をみながら、みんながアップルパイをほおばる姿を想像しながら30分ほど並び、今日もアップルパイをゲットして来ました。アコム スマホ 審査